Loading...

【むすびかめ守のご案内】

【むすびかめ守のご案内】

 

【むすびかめ守】

巫女がひとつひとつ手作りした、毎月数量限定の特別な御守りです。
色鮮やかな水引を使い、亀の形を象っています。
古来から縁起の良い生き物とされる亀は、この亀有の地の象徴的な生き物です。
また、うさぎとかめの昔話にあるように亀はゆっくりとした歩みでも確実に『目標へと到達できる力』を持っています。
それを引けば引くほど強く結びつくという意味を持つ水引で結ぶことにより
『目標まで結びつける』『人と人とのご縁を強く結ぶ』『着実に望みを引き寄せる』
という願意を込めて御守りを作りました。
目標達成に向けて真摯に打ち込んでいる方。振り向いてもらいたい、もっと仲良くなりたい人がいる方。叶えたい想いがある方。
そんな皆様の願いを叶える一助になれる御守りです。

金の肌守と共に御神前にてお祓い、祈祷ののち皆様にお分かち致します。
遠くまで願いが飛翔すよう、縁起の良い鶴印で留めた薄紙に包んでのお渡しです。
手作りですので多少の差や数に限りがございますが、これも一つのご縁だと思い寛大な心でお受けいただければ幸いです。

金の肌守はお財布やパスケースなど、日々身に着けるものへお入れください。

亀の水引は薄紙に入れたまま持ち歩いたり、紐やアクセサリーパーツをつけて日常使いしたりも出来ます。

 

 

【一月のご案内】

1月15日に行われる神楽奉納にあわせ、「むすびかめ守」の頒布をいたします。

整理券配布時間:9:00~(なくなり次第終了いたします。)

頒布数:各月30体

初穂料:1000円

「むすびかめ守」を希望の皆様は社務所にて整理券をお受けください。

御守の頒布は神楽奉納の後、神楽殿にて巫女よりお頒かちいたします。

整理券を受けた方は、神楽奉納後、神楽殿までお越しください。

このページのトップへ移動